「バビロンの大富豪」感想・レビュー

こんにちは、もりもりです。

今回は、1000年以上も前からお金持ちになるための不変の法則が書かれているビジネス書「バビロンの大富豪」について書きます。

役所で働く一市民だったアルカドは大富豪となり、バビロンの人々に富を築くための知恵を広く授けるように依頼されました。集まった100人を前にアルカドが説いたのが、以下の「7つの極意」でした。

1まずは財布を太らせる(収入の1/10を貯金)

2出費・支出を管理し、予算を立てる(収入の9/10で暮らす)

3ためた資金を寝かさず、増やしていく(投資)

4財産を損失から守る

5自分の住まいをもって有益な投資対象とする(安全性・豊かさのための住まい)

6将来の収入源を確保・準備する

7自分の能力・スキルを高め、もっと稼げるようにする(行動する)

バビロンの大富豪

貧しい職人の息子である少年バンシルが7つの極意を実践していく中で、アルカドから預かったお金を2倍にするまで帰ってこれない旅に出る。

結果として、バンシルは一度はお金を無くしかけたものの、7つの極意を使ってお金を3倍にして旅から戻った結果を称えられアルカドと共にバビロンの繁栄に注力した物語です。

特に、学びとなったことや僕自身が実践したことでどのように変わったかも書いていきます。

実は、この本何度も読んでおり実践していることもありました。

最初に実践したことは収入の1/10を財布に貯めることから始めました。

例えば、20万円の給料だったら2万円を財布に入れていきます。

2万円×12ヶ月=24万円 1年で貯まります。

 

しかし、途中で試練があらわれます。

お金が徐々に財布に貯まってくると友達・先輩からの美味しい食事のお誘い、お洋服の購入、不必要な買い物などです。

僕は、最初は貯めていたお金が増えていくことが嬉しくてたまらなかったんですが、つい「今回だけはいいや」とスーツを買ってしまった失敗が有ります。

 

それでも1ヶ月毎に貯めて行った結果、30万円以上貯めることができました。

 

貯めたお金を増やす投資

僕が過去に学びに使ってきたお金の合計額は200万円以上です。

しかし、全てがお金を増やす投資に繋がったわけではありませんでした。

社会人1年目には、早く出世や結果出したかったので1冊1,200円のビジネス本をよく買っていましたが、結局買っただけで満足しちゃってそのまま放置なんてこともありました。(笑)

 

仕事で活用するために心理学を学びました。

家具の小売店にて仕事を終えてから87,000円する心理カウンセラーの講座を1年受けたこともあります。

僕が最初に勤務した店は、1店舗で年商20億円だったのでパートさんも100名近く在籍しておりました。新入社員で一番仕事ができなかった為、最初の6ヶ月間はパートさんの「仕事のやり辛さ」「社員への要望」「働く上で困ってる事」などをリストアップし、ひたすら潰しまくって信頼を得る努力をしました。

その結果、能力は相変わらず無かったですが少しずつ「この人に言えば何か変えてくれるかもしれない」といった信頼を構築することが出来て、冬のボーナスでトップランクの50万円を頂くことが出来ましたので、投資結果としては有りだったかなと思います。

 

「バビロンの大富豪」は本当に不変の法則がありますので、お金の知識初心者の方やビジネス初心者の方、主婦の方でも実践できる内容となっております。

ちゃんとそのまま教え通りに実践することで確実に結果が出ますので、7回読まれることをオススメしてます。

 

「バビロンの大富豪」の購入はこちら。

 

マンガ版はこちら。

 

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

もりもりのプロフィールはこちら

 

ブログでは書けない秘密の話を

無料メルマガで特別に配信してます!

特典特典を手に入れたい方は、今すぐクリック⬇︎⬇︎⬇︎

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です