「カルピス事件」から学ぶこと

こんにちは、もりもりです。

学生時代のアルバイトで、しゃぶしゃぶ屋で注文されたドリンクを作っていた時期がありました。

そこで、赤面するほど恥をかく失敗をしました。

カルピス事件

カラダにピース!とCMでもおなじみのカルピス!

一度は飲んだことあるのではないでしょうか?

自分では買うほどではないけど、自宅にあった時には美味しく飲んでいた記憶があります。

 

ある日もしゃぶしゃぶ屋で働いていると「ピピピ!」とドリンクオーダーが入ってきた中にカルピスが入ってました。

冷蔵庫にあるカルピスをグラス一杯まで入れて、ホールの人に提供してもらいました。しかし、すぐにお客様からのクレームが入りました。

お客「このカルピスめっちゃ濃いんだけど!」

もりもり「???」

店長「これそのまま入れたでしょ?」

もりもり「はい!!!」

店長「このカルピスは原液だから薄めて提供しないといけないよ!」

もりもり「Oh my got!!! そんなこと人生で初めて知りました(笑)」

 

そんなこんなで当時はまだコミュニケーション能力も低く、接客したりミスすると赤面してしまうことがありながらもカルピス事件の失敗から大切なことを学ぶことができました。

まとめ

世間の常識は誰にでも当てはまるわけではなく、「オマエ知ってるだろ!」的な上から目線ではなく、教育者の立場となった頃には後輩や新人に「何も分からない赤ちゃん」に教えるくらい1から丁寧に伝えることが大切であるという気付きにも繋がりました。

29歳になった今でも新しい挑戦や失敗は、めっちゃ怖いし上手く行か分からないからめちゃ不安ですが、意外と思っているほどの悪いことは滅多に起きないないと感じてます。

 

失敗からは学べることしかないし、この記事のように笑いのネタになったり誰かのためになる記事となるかもしれないのです。

 

Let’s 失敗!!!

 

YouTubeリンクも貼っておきます。

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

もりもりのプロフィールはこちら

 

ブログでは書けない秘密の話を

無料メルマガで特別に配信してます!

特典特典を手に入れたい方は、今すぐクリック⬇︎⬇︎⬇︎

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です