「チーズはどこへ消えた?」感想・レビュー

こんにちは。もりもりです。

今回は、「チーズはどこへ消えた?」を読みました。

全世界で2800万人以上に読み継がれており

メルセデス・ベンツやアップルの社員教育にも

取り入れられているベストセラー本です。


以前から聞いたことはありまして

ただのチーズのよく分からない

中身薄い物語と認識しておりました。



ところがどっこい!!!


この本を読んで、大切なことを学びました。

「変化を恐れず行動することで、今まで以上のモノを手に入れることができる」


1時間で読めるのでとてもオススメです。

感想も含めてレビューを書いていきたいと思います。


登場人物

この物語に登場するのは、ネズミの「スニッフ」と「スカリー」の2匹、

小人の「ヘム」と「ホー」の2人です。

そして、それぞれの性格が次のようになっています。

  • スニッフ・・・いち早く変化をかぎつける
  • スカリー・・・すぐさま行動する
  • ヘム・・・変化を認めず、変化に逆らおうとする
  • ホー・・・うまく変化の波に乗ろうとする


このように、それぞれが特徴ある性格になっています。

また、あなた自身はこの中で誰に当てはまるでしょうか。

そして、この物語でだれが一番大変なことになるのかも注目です。


「チーズはどこへ消えた?」要約

ネズミと小人たちは複雑な「迷路」を進む中で

食料となる「チーズ」を探す旅に出ます。


ある日、2匹と2人は大量の美味しいチーズを見つけることができ

全員笑顔で喜び足を頻繁に運ぶようになりました。


小人たちはこれほど大量のチーズがあれば安心だと

慢心するようになりましたが

ネズミたちはチーズが徐々に減っていることに気付き

いつか無くなってしまうかもしれないと危機感を持っていました。


事件は起きました。

ある朝、突然大量にあったはずのチーズが無くなっていたのです。

ネズミたちは「前日と何か変化はないか?」「チーズが毎日減っている」

危機感を持っていたため、

驚くことはなく

新たに迷路に出て新たなチーズを探す旅に出ます。

一方で、小人たちは、「誰が取ったのか?」「チーズはどこへ消えた?」

と辺りを探すものの

ここで待っていればいつかチーズが運ばれてくるだろうと

受け身の姿勢で何もしませんでした。

ネズミたちはすぐに行動した甲斐あって

今まで以上の大量の美味しいチーズを見つけることが出来ました。

一方で

小人のホーは、このままでは餓死してしまう可能性があると考え

ヘムを置いて一人で新たなチーズを求めて旅立ちます。


その結果、小人のホーも新しいチーズを手に入れることに成功します。

何も行動を起こさなかった小人のヘムがどうなったかは

誰も分からないといったところで物語は幕を閉じます。

変化は失うことではなく、新しいチーズを手に入れるチャンスである

僕がこのブログを書いている時も

コロナショックの真っただ中です。


多くの企業、個人事業主、サラリーマンが苦しんでいると同時に

時代が大きく変わる転換期でもあると感じます。


変化に気付いたら

すぐに自分自身を変化させて

時代の変化に対応していかなければ

荒波に溺れて潰れるだけです。


大切なことは

ネズミが教えてくれたように

「変化に気付き」

「変化に対して迅速に対応していくこと」


だから、僕はインターネットビジネスを学び

ブログを始め収益を上げることを開始しました。


世の中の多くの人は

「現状に対する不満」

よりも

「変化に対する不安」の方が大きくなって動けないです。


あなたはどちらを選びますか?

勇気出して人生を好転させるか

恐怖に支配されて衰退していく人生を選ぶか。


現状維持=衰退を表しますので

僕は間違いなく前者を選びます。

変わりたいあなたへ

チーズは「人生で求めるもの」お金、恋人、健康、仕事の成功を、

迷路は「求めるものがある場所」会社、家庭、社会全体を表してます。


今この瞬間から変わりたいと思うなら

チーズは、どこへ消えた?」を読まれて

人生を変えるきっかけを是非掴み取って下さい。

 

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

もりもりのプロフィールはこちら

 

ブログでは書けない秘密の話を

無料メルマガで特別に配信してます!

特典特典を手に入れたい方は、今すぐクリック⬇︎⬇︎⬇︎

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です